看護師にとっての楽な働き方って?

看護師にとっての楽な働き方って?

 

年を増すごとに増える責任感と業務量・・・

 

もういい加減楽に働きたい!と考えている看護師も多いのではないでしょうか?

 

看護師,楽な働き方

 

看護師の仕事は、仕事にも慣れてできるようになったところでなかなか楽にはなりませんよね。

 

年次が進むにつれて、リーダー業務も増えたり、新人指導を任されたりとしんどくなる一方です。

 

そんな責任感ある仕事から解放されたい看護師が求める楽な働き方ってどんな働き方でしょうか?

 

現役ナースたちが求めた楽な働き方について見てみましょう!

 

 

夜勤を辞めてみた@

 

夜勤に入ることが30代を過ぎたころから辛くなってくるようになりました。

 

それまで、必死に頑張って働いてきたけれど、もう十分かなと思い夜勤のない生活を始めました。

 

私自身は、美容外科クリニックへの転職をして普通の生活ができるようになったことで、体力的にも精神的にも楽に働けています。

 

最初は、病院とは全く違う世界で戸惑いもありましたが、必死に美容外科のオペについて学んでいるうちにそんな違和感もなくなりました。

 

何より普通の生活が手に入ったことで、体調を崩すといったこともなくなりましたよ。(34歳 看護師)

 

夜勤を辞めてみたA

 

夜勤があることで自立神経が乱れがちだったのと、残業の多い病棟勤務が嫌で思い切って夜勤のない残業も少ない健診センターへ転職しました。

 

ルーティンの業務が中心で物足りなさを感じる部分も最初の頃はありましたが、それでも、また病棟に戻って働きたいと今のところ思ったことはありません。

 

しばらくこの生活を続けていきたいですね。(40歳 看護師)

 

 

非常勤になってみた

 

常勤で働いていたころは、責任の重い仕事と子育てに疲弊しているような状態でした。

 

子育てもしていることもあって、一旦、しばらくは非常勤として働いてみようと思い病棟日勤で働ける職場へ転職し非常勤として働いています。

 

非常勤だからといって責任感がないということではありませんが、比較的、職場にも理解してもらえてなるべく早く帰らせてもらえています。

 

職場によって違うかもしれませんが、非常勤であれば、勉強会なども免除してもらえることも多いので助かっていますね。(38歳 看護師)

 

パートになってみた

 

給料的には落ちてしまっても、家庭にもっと時間を割いて子育てに時間を費やしたいという思いがあり週3日程度の近所の内科クリニックでパート勤務を始めました。

 

パートになってみたことと、病院からクリニックへの転職をしたことによって今まで重くのしかかっていた責任感からは随分解放されましたよ。

 

基本的に予約制のクリニックなので、残業もほとんどなく満足しています。(29歳 看護師)

 

 

働き方を見直すことの重要性・・・

 

あなたが疲弊してしまっている状態では、仕事もプライベートもなかなか充実できないですよね。

 

楽働き方をしたいと望むなら、思い切って今の環境から変わってみることも必要です。

 

そうすれば、仕事とプライベートとのバランスの取れた理想的な生活ができるはずです。

 

楽な働き方といっても、一人一人異なります。

 

日勤常勤、非常勤、夜勤専従、パート、派遣・・・様々な働き方ができる時代です。

 

働き方から職場も見直してみたいという方には、看護師の転職サイトを使って効率的に探しましょう。

 

看護師,楽な働き方

 

コンサルタントがあなたの希望に沿った働き方ができる職場を探してくれますよ。

 

 

看護師の転職サイトで楽な職場を探してみる