看護師の楽な職場は一体どこ? | 現役ナースが教える楽な仕事

看護師の楽な職場は一体どこ? | 現役ナースが教える楽な仕事

 

あなたはまだ消耗しているの?

 

看護師の仕事って激務で大変・・・

 

看護師の職場はどこも忙しい、夜勤に残業、病棟勉強会や研修・・・、経験を重ねれば重ねるほど増えていく仕事量と責任感・・・

 

看護師,楽な職場

 

 

看護師だって楽に働ける職場を求めたっていい!

 

 

最近、仕事が辛くて辞めたいと考えてばかり・・・と考えるくらいなら、楽に働いてみてもいいのでは?

 

そんなあなたのために、看護師にとっての楽な職場について考えてみましょう。

 

 

現役ナースが教える看護師の楽な職場はここ!

 

転職をした現役ナースが教えてくれた楽だった職場について聞いてみました。

 

病棟勤務⇒美容クリニックへ

 

一般企業でOLとして勤めた後、主婦になり看護師になった身ですが、今までにもしんどいことはたくさんありましたが看護師ほどの辛さではありませんでした。病棟勤務での看護師の仕事に精神が尽きてしまい、夜勤もあって体力が消耗する仕事は辞めようと私が選んだ先は、日勤で働ける美容外科クリニックでした。私の働くクリニックでは、開始時間も10時からなので朝はゆっくり出勤できるのもいいところです。最初は、一から美容外科のオペのことを学ぶのに苦労もありましたが、半年間もすれば仕事に慣れて楽になります。私の美容クリニックでは、午前中のオペが終われば休憩も1時間しっかり取れるので体力もいりません。夜勤はなく帰りの残業もほとんどないので、予定通りに家に帰って家事ができるので主婦には大助かりな楽な職場です。(36歳 看護師)

 

交代勤務⇒病棟の日勤常勤へ

 

私が31歳の時、夜勤も入って仕事をしていくことになんだか身体がついていかなくなってしまい自立神経失調症になってしまいました。そのため、もうこれ以上夜勤を続けていくのは嫌だと思い転職しました。転職条件は日勤で働ける病棟勤務です。週5日の日勤ってしんどくない?と言われることもあるのですが、私の場合は夜勤がなく朝起きて夜は寝るという生活スタイルになっただけで体調もよくなり体力的にずいぶん楽になりました。一度は外来で働くことも考えたのですが、下手に外来で働くよりも慣れていていざという時には夜勤者が引き継いでくれる病棟を選択しました。(35歳 看護師)

 

 

急性期一般病棟⇒精神科病院へ

 

大学病院の消化器内科の病棟で1年半働いた後、民間の総合病院に転職し混合病棟で3年働きました。なんだか年々増えていく仕事量と増していく責任の重さに嫌気がさして退職。しばらくは、ゆったりした環境で働きたいと思い精神科病院へ転職しました。仕事に慣れさえすれば、プレッシャーも少なく肉体的にも精神的にも楽に働くことができました。残業もほぼなくゆとりを持って働けることで、穏やかな日常を取り戻せた感じです。プライベートを重視したいならゆとりは必要ですね!精神科病院は長く働き続ける看護師も多く、じっくり長く腰を据えて一つのところで働きたいという人には向いていると思います。長い人生、たまには楽に働ける場所を求めたっていいはずです。(28歳 看護師)

 

 

病棟勤務⇒健診センターへ

 

5年以上看護師をしていると、何度か病院を転職しながら病棟で働き続けることにしんどくなってきました。自分の仕事がある中で、入職してくる新人看護師の指導にあたることにも疲れていました。そのうえ、責任は増える一方で委員会もあって忙しい・・・。高齢者看護も好きかどうかよく分からない状態になり、しばらく自分の心と身体を休めてのんびり働きたいと感じました。その後、健診センターに転職してその生活は実現できています。給料は日勤だけになり低くはなってしまいましたが、その分、自分の時間というものが得られているので文句はありません。病棟で身に付けた技術が衰えないか不安もありましたが、当分はあの環境に戻りたくないと思ってしまいますね。今はこれがちょうどいいんです。(30歳 看護師)

 

大学病院⇒回復期リハビリテーション病院

 

新人看護師として大学病院に入職したのですが、外科病棟の展開が早くてついていくことができず周りからも遅れをとっていました。のんびりした性格なのでもともと急性期は合っていないと思っていたのですが、新人なら急性期で一から勉強するのは当たり前と考えていたので頑張っていました。でも、入職して5か月目に無理をしてしまっていたこともあって、身体を壊してしまい適応障害と診断されて休職することになってしまいました。半年間は休んでいたのですが、このままではいけないと思い転職活動をスタートさせました。自分の性格に合っているところで働きたいと思い急性期には戻らず、回復期の病院へ転職。最初は大変なこともありましたが、精神的に追い詰められるようなことはありません。今は患者さんの退院する姿を見ては、看護の大切さを感じられています。(23歳 看護師)

 

大学病院⇒民間の総合病院

 

大学病院では、時間外労働も多く、研修や研究のために費やす時間もばかりで、このままずっと働き続けられないと思い辞めました。思っていました。今は、民間の急性期病院へ転職して、看護業務に専念できています。業務は忙しいですが、以前よりも楽な気持ちで働けているので転職してよかったです。残業時間も大幅に減らすことができるようになり、プライベートも充実できるようになりました。(25歳 看護師)

 

 

クリニック⇒急性期病院

 

楽な職場を求めてクリニックへ転職したものの、人間関係が微妙なクリニックで居場所がありませんでした。クリニックでは嫌なことがあっても逃げ場がないし、土曜日の午前診もしているので6連勤だったり、有給は取れないし、賞与もない・・・で案外思っていた働き方ができませんでした。どれも働いてみて初めて分かったことではありましたが、自分には病院勤務が向いてるなと感じています。人間関係で嫌なことがあっても、患者さんのところへ逃げれたりしますしね。休みも希望休が出せるのは、病院だからこそ。私にとっては病院の病棟が一番楽に働ける職場なんだと、今になってい付きました。(42歳 看護師)

 

 

あなた自身にとっての楽な職場って?

 

様々な現役ナースの転職事例を見てきましたが、あなたにとっての楽な職場はどこでしょう?

 

看護師が働ける職場はたくさんあります。

 

ですが、人それぞれ楽に感じる職場も千差万別なことがお分かり頂けたのではないでしょうか?

 

 

楽な職場を探す時のポイントは、楽な職場はどこにあるのか?と探すよりも、まずはあなたにとって大切にしたいことは何かを考えて選択することが大切です。

 

  • 友人と遊べる時間がほしい
  • 家族との時間を大切にしたい
  • 自分の心と身体を第一に考えたい
  • 病院に自分の時間を縛られたくない
  • もっと自由になりたい

 

いろいろと大切にしたいことが浮かんできたら、人生においてあなたが優先順位をつけるなら何が一番大切かを考えてみてくださいね。

 

 

今の職場をとにかく辞めたいからとか、逃げ出したいからというようなネガティブな思いで転職先を見つけるよりも、あなたが将来どうありたいのかと未来に対して目を向けることの方がよい転職先に巡り合えると思いませんか?

 

思考していることは現実化すると言われますが、ネガティブなイメージで転職をするのではなく自分の明るい未来のための行動をすればいいのです。

 

 

この機会に、あなたにとっての楽って何かを考える機会にしてみてくださいね。

 

看護師はたとえどんな仕事でも厳しい面はありますが、自分が大切にしていることが大事にできる職場であれば長く続けられるものですよ。

 

 

 

自分にとっての楽な職場を見つけたい人は、看護師の転職サイトがオススメです。

 

看護師,楽な職場

 

コンサルタントがあなたに代わって、表には出ない数ある求人の中から希望に沿った職場を探し出してくれます。

 

数ある転職サイトの中でも、病院、施設などの求人だけでなく、病院以外のクリニックや健診センター、企業系求人といった豊富な選択から選べる看護師の転職サイトをまとめてみました。

 

 

看護師の転職サイトで楽な職場を探してみる